top of page
  • iezukurisite

私の逸品さん。7/田中 ナオミ

新しい自転車が来た。メチャクチャ気に入ってる。 貴方に会えて良かった!どーです。良いでしょう。

素敵な上に軽いし乗りやすさが抜群なのだ。



少々ややこしい理由があって以前の自転車を破棄する事になった。私は乗り物を含むすべての物品は「自分の表現」だと思っている。もちろん住宅(住)も着ている洋服(衣)も食べたり飲んだりするもの(食)も。だから自分に似合う新しい自転車の選択は必死だった。そもそも…まずは電動アシストが付いた自転車は絶対に乗りたくない。あれは自転車とは言わない。私が自転車に乗るのは「環境負荷」をかけずに「カロリー消費」をしながら「風や香りの快楽」を得ながら「楽に3km程度」の距離を「費用をかけずに」「時間効率よく」「駐車の心配なく」回りたいからだ。スポーツクラブに大きな車やバイクで来る人が居るが、意味が分からない。この子が来てからは、自転車で出かけるのがさらに楽しくなった。



その上に鍵も可愛くて61歳の持ち物とは思われぬ愛らしさなのだ。気に入ったものに囲まれるって大事ですね。と言うわけで…ややこしい理由で以前の自転車を手放すことになった黒い気持ちは吹っ飛んで、毎日Happyであります。

( 田中 ナオミ/田中ナオミ アトリエ )



閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page