top of page
  • iezukurisite

建築家な私。6/山本成一郎

「宮崎へ」


少し前の話ですが、11月末に宮崎へ行ってきました。


28年来の私の兄貴分、Kさんから呼ばれたためです。なんでもK兄が氏子を務める神社について、今後どのように傷んだ部分を修復していけば良いか相談に乗って欲しいとの事。

その神社は宮崎市から車で約2時間半の山深い所にありました。







そんな山奥でも鹿児島や熊本からも年間約一万人がわざわざ参拝に訪れるのだとか。神社の名前は児原稲荷神社(こばるいなりじんじゃ)といい「商売繁盛、五穀豊穣の神様」として大切にされています。拝殿の柱に見事な龍が彫られており、地元のテレビ番組などでもよく取り上げられるそうです。


K兄と一緒に建物を一通り見て回り、ああでもない、こうでもない、と補修方法について色々と御提案してきました。私の偏った知識で本当にお役に立てたのかは分かりませんが、東京と宮崎という遠い距離ながら、こうして呼んでもらえるという事が誠に嬉しいひと時でありました。






山本 成一郎/山本成一郎設計室 )



閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page